Blogブログ

Guida alla moda  〜ファッショニスタ の お洒落手引き〜

Prendersi cura delle scarpe 【Episodio 006】

メイド・イン・ジャパンの高級革靴の最高峰を誇る三陽山長。

看板商品でもある友二郎(ともじろう)と命名された

キャップトウシューズを降ろして早七年が経過した。

足元を武装するレギュラーとして登板回数が非常に多く

週に2~3回は必ず履いているので着用回数は少なくとも降ろしてから800回は超えている。もっとかも・・・

一言で匠が丹精込めて縫い込んだこのシンプルな革靴はとても頑丈と言える。

何より日本人の足の特徴を捉えたラスト(木型)で作り込まれているから

海外製の革靴とは比較にならない位にフィット感が良い。

素材の皮革も定かではないが私の友二郎はアノネイ(エルメスグループ傘下のタンナー)のモノで超一級品だった筈。

時によって他のタンナーの皮革を使っている同型もあるがまあどれも超一級品で一流なのは間違いない。

我が国では三日に一日は少量でも雨模様になる傾向だし梅雨や長雨も多い。

革靴の大敵は濡れる事。濡らしてしまうとダメージが大きいので極力濡れない様にしたいが

乾いた場所だけ選んでもいられない。

濡れてしまったら一刻も早くティッシュペーパーを当て水気を吸収。

これをすれば随分とダメージ軽減になるのでティッシュペーパーは必ず携帯するのが良い。

さて、ここから先は靴磨きが如何して必要なのかと言う本質に触れてみよう。

私達は様々な人と出会い関わる中で、初対面の人と挨拶を交わした後

多くの人は照れも入り目線を外し下を向くがその先には靴が有り

ここで見た目の第一印象が決定付く。

手入れの行き届いていない汚れた靴では整髪も洗顔もしてないのと同様

お相手に失礼だし第一印象評価は評価にも値しない残念なレベルになる。

洋装の文化は目先のウェアばかりが先走りし靴への意識が薄く

お洒落は足元からと言う格言は何処へやら・・・

靴の手入れや補修を怠っていては身嗜みとセンスそのものが疑われる。

そこで油断せずしっかりと日常ケアをしておく必要に迫られるが

何も嫌味な程ピカピカにする必要は無くしっとりとした艶が出ていれば良い訳で

眩い鏡面艶仕上げより程好い艶を放っていた方が好印象だ。

二か月に一度の私流靴ケアの仕方をここからご紹介

先ずは屋外で馬毛や山羊毛ブラシを使ってホコリ落とし。

素手で皮革表面に触れモッチリ感が少しでも伝われば

保湿を含む作業を飛ばすがこの時はややカサツキ感を

感じたので軽い保湿コースに決定。

 

保湿コースの場合は必ず靴紐も外し

汚れや付着した古いクリームを

徹底除去する準備をする。

 

準備する道具は

シューキーパー、ブラシ三種、ウエス

汚れ落としローション、艶出しクリーム、

柔軟性クリーム等・・・

 

 

水性・油性汚れを同時に取り除く

ツーフェイスプラスローション

二層に分離しているので

良く振ってからウエスに浸み込ませ優しく擦り

古いクリームや汚れを除去する。

 

古いクリームの艶で覆われていたのが

本来のスッピン状態に戻る。

 

 

 

 

 

付着したクリームを隅から隅まで残さずふき取る。

垢スリの様なものかな。

 

 

 

 

 

向かって左の艶ありがビフォー。

右のマット状態がアフター。

 

 

 

 

次にデリケートクリームを指で擦り込む。

これで失われた柔軟性が甦る。

 

 

 

 

 

新品で売られている時の様な柔らかいしっとりもち肌の艶に・・・

 

 

 

次に、市販品では最高級の靴クリームである

アーティストパレットのブラックを使用。

化粧品でもお馴染み天然アルガンオイル含有率が高く

微量で物凄く伸びるので使うのは極少量で済む。

 

 

ペネトレイトブラシで薄~く塗り込む。

 

 

 

 

艶出し用の豚毛ブラシで軽くブラッシング。

すると何と言うか奥の深い艶が現れる。

この艶感は普及品のクリームの比では無い。

 

 

「何だコレ!」

と言いたくなる上品な艶が靴全体に広がる。

流石、プロ仕様靴クリームだ。

 

 

フィニッシュは最高に柔らかい山羊毛のブラシで整える。

 

 

 

 

 

靴紐を通して作業完了。

微差が大差だけどウットリする様な柔らかい艶が

靴全体を包み、これを使い続ければ天然アルガンオイルが浸透し

革質がグレードアップするのは間違いない。

 

 

 

恐るべし!アーティストパレット。

成分も匂いも最高級化粧品品質並。

靴クリームらしからぬ良い香りだ。

 

アーティスト・パレットは靴専門店で磨きのプロとして認定されたお店だけが取り扱える逸品。

ReSARTOでは私が磨きのプロとして認定されている証として取り扱いさせていただいている。

 

アーティストパレット 各色

税別 2,000円

 

 

 

お洒落は足元から

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ReSARTOとは
サービス内容
店舗一覧
アクセス
電話問い合わせ
ネット予約
LINE問い合わせ
オーダー
コーティング