Blogブログ

Guida alla moda  〜ファッショニスタ の お洒落手引き〜

Pelle 【Episodio 007】

レザーフェチの私が皮革ケア用品のチャンピオンと認定する

レザークリスタルと言う逸品。

50年間、様々な皮革ケア用品に触れてきて

最終的に何時も手元に有るのはコレだけ。

 

大好きな革ジャン等のケアには最高に相性が良いので年中大活躍している。

使用していて皮革が喜ぶと言う擬人的な表現がピッタリで

ひと塗りで皮革の表皮から浸透しカサカサの表皮がスベスベ表皮のしっとり艶感にに激変する。

塗る側のこちらの手肌もベタ付かず無臭だし、塗りながら塗ってる自分の手肌が潤いを感じる程。

それもその筈、ろうを主成分とし潤い効果の高いのホホバ油やスキンケア成分のラノリン等も含まれている。

ジェンダーレスでお肌の弱い方でも扱い易いし顔料や香料を含まず無色無臭なのも良い。

とにかくこの種のケア用品は香料を放ち過ぎのモノが多いし乳化タイプの保革を売りにしている製品は

有機溶剤やシリコンのイヤな匂いや油脂が酸化した時に放つ何とも言えぬ酸っぱいような

酷い刺激臭を発するモノも多い。(容器内で経年劣化により酸化する場合が殆ど)

鞄や皮革ソファーにも使うのでやっぱり無色無臭じゃないと気分を害する。

余計な成分が入っておらず抗菌効果があるのも今時頼もしい。

使える皮革は表面がなめらかなスムースレザーでスエード等の起毛タイプはNGだ。

爬虫類等のエキゾチックレザーも使用不可となっていて自己責任で私は使っているが全く問題無い感じだ。

多分、エキゾチックレザーは染色の定着が弱いのと牛、馬、山羊、羊に比べ表皮がデリケートな為

製造元から事故防止の為の配慮の様な感じだ。

さて、ここから実演画像と行こう。

 

先ずは10年選手の半艶を放ったバッグ。

 

 

 

真ん中で分けて向かって右側を

専用のスポンジでレザークリスタルを

軽く塗り込み。

皮革が喜んでる。

 

五歳の若返りだ。

ほんの少し塗っただけでこれだ。

もう少し頑張れば

十歳若返りが可能だ。

 

お次はもっと分かり易いレザーベルトで検証。

 

表面が潤いを失っている。

 

 

 

 

指で剣先の方から塗ってみた。

先の4cm位は比較の為、未だ塗っていない。

 

 

 

全体に施して少し時間が経過して馴染んだところ。

凄くしっとりとし柔らかさも増した。

これで十分で次は忘れた頃に塗れば良い。

 

最後にもっと分かり易い腕時計ベルトでの検証。

 

使用不可となっているクロコダイル。

半艶でややマットになっているが・・・

 

 

 

栄養分が浸み込み艶やかになった。

これで半年は大丈夫だ。

 

 

皮革製品は人肌と同じで極度の乾燥が大敵。乾燥が進行するとひび割れが発生し表皮が剥がれてしまう。

手入れが面倒臭いと思っている人に絶対にお奨めな簡単ケアのレザークリスタル。

勿論これ程絶賛するのだから税別2,000円でご用意も万全。

現在ReSARTOにサンプルもご用意が有るので

先ずは「これ試しにやってよ。」と言っていただければ

ご持参された瀕死の皮革製品を甦らせます。

サービスでね。

私の出勤日のみ(現在火曜・水曜以外は出勤)

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ReSARTOとは
サービス内容
店舗一覧
アクセス
電話問い合わせ
ネット予約
LINE問い合わせ
オーダー
コーティング