Blogブログ

Guida alla moda  〜ファッショニスタ の お洒落手引き〜

Due toni 【Episodio 010】

前回の続き。

長二郎(ちょうじろう)のナチュラルタンカラー。

未だ降ろす前に撮影した画像でスッピンのままの状態。

こうした明るいブラウン系の靴の醍醐味は

クリームで好みの色に着色し愉しむ事。

全体的には明るい色で履きたかったので

下処理を施した後のトゥキャップに

チョコレートカラーを入れてみた。

強烈なコントラストが生まれ

米国禁酒法時代のギャングの足元の様になった。

気絶級のカッコ良さだけど一歩間違えれば

誰も寄り付かない危ない人の感じも漂う。

ツーフェイスローションを使って色を落とし

次にミディアムブラウンを入れてみた。

私的にはこの組み合わせに落ち着き

殆どこの色の組み合わせのまま

6~7年が経過して今現在も

頻繁に履いている。

ブラウン系のコーディネートで

全く同じ色より少しづつニュアンスが違う

皮革近似色はトラディショナルコードさえ

しっかり整えていればアイテム集積が

エスプレッソの凝縮した香りが漂いそうだ。

実に味わい深い。

色目を余り変えたくない場合や

薄い色の靴のケアにはニュートラルカラーの

アーティスト・パレットが絶対に欠かせない。

何時使ってもやはりこのクリーム最強、最高。

香りも実に素晴らしい。

眉唾って思っておられる方は ReSARTO にサンプルがあるので実演させてもらいますよ。

って言う事で、Episodio 009 から続く、私の 買ってよかった BEST 3 ならぬ

TOP 3友二郎長二郎のブラック・ブラウンの二足。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ReSARTOとは
サービス内容
店舗一覧
アクセス
電話問い合わせ
ネット予約
LINE問い合わせ
オーダー
コーティング