Blogブログ

Guida alla moda  〜ファッショニスタ の お洒落手引き〜

Distintivo 【Episodio 029】

最近やたらと目に留まる SDGs バッジ・・・

スーツの上衣ラペルのフラワーホール

ブッ挿して平然としている人が多い。

フラワーホールバッジを挿すところではない。

社員徽章も、SDGsバッジもしなければならない場合はフラワーホールを外して装着すべし。

その昔、私が社会に出て直ぐ務めた金融機関では上衣に徽章をするのが当たり前で

当然の様に先輩方はフラワーホールにブッ挿していた。

私は穴かがりを外しラペルの中心に挿して装着していた。

まあ、新米だから知らぬふりで黙っていたけど

ある時、ご高齢の参事が私を呼び

「何故、徽章を正規の位置にしないんだ!」と

問い詰めてきた。

 

フラワーホールバッジを挿すところではありません。そもそもこのボタンホールは・・・」

と反論したが「フラワーホール?何だそれ?」・・・???

お洒落とは無縁のお方には全く通じず

ボタンホールの穴かがりから僅かに外した位置に挿してさらりとかわした。

若造の私は最上位の上司の前で豚に真珠、馬の耳に念仏

馬耳東風とはこう言う事かと悟った。

フラワーホールとは詰襟上衣の第一釦の名残の穴かがりだが

男性が思いを寄せた女性に求愛後、その相手の女性にも男性に好意があれば

男性の上衣衿の穴かがりに茎付の花を差し込み同意すると言う

神聖な求愛の受け入れ場所みたいなモノ。

そこを徽章やバッジで塞ぐとは何事か・・・と言う訳。

フラワーホールは上衣に残された唯一無二の男女の愛情を示す穴。

会社への忠誠心は分かるけどそこを塞いだら男としてダメでしょ。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ReSARTOとは
サービス内容
店舗一覧
アクセス
電話問い合わせ
ネット予約
LINE問い合わせ
オーダー
コーティング