Blogブログ

Guida alla moda  〜ファッショニスタ の お洒落手引き〜

Legare 【Episodio 030】

日本人に合わせたネクタイの全長は

150cm前後で生産されているが

それでも長いと感じる方は多いのでは?

お直しで丈詰めの場合、税込み3,300円掛かるが

全部が全部お直し代を掛けて直していては堪ったもんじゃない。

ノット(結び目)の種類や

シャツのネックサイズでも変わるが

シンプルなプレーンノットの場合

私は小剣側が10cmは長くなるのだが

大剣を越して小剣が長いのはいただけない。

大剣の先はウエストベルトの位置で固定。

この位置が少しでも短いと滑稽だし

長いと締まりがない感じが漂ってしまう。

結んだ後の大剣の位置決定は本当に一番難しいところだ。

 

何時も長くて大剣の長さを越す小剣は

裏側の小剣ホルダーを利用して

巻き上げる事で処理が済む。

インポートのネクタイだともっと余るが

50年この手法でノープロブレムだ。

他の日でも

何時も同じ長さ、同じ位置。

ネクタイの厚みが変わっても

何時も同じ長さ、同じ位置。

ネクタイ結びも一日にしてならずだよ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ReSARTOとは
サービス内容
店舗一覧
アクセス
電話問い合わせ
ネット予約
LINE問い合わせ
オーダー
コーティング