Blogブログ

Guida alla moda  〜ファッショニスタ の お洒落手引き〜

Foro catena 【Episodio 040】

これは40年前の結婚直前のワイフからの贈り物。

切手サイズ位のゴールドの懐中時計。

リザードの皮革ケースとチェーン付き。

今現在は大事に保管中なのだが

これもそろそろ復活させないと・・・

と、言うのもこの懐中時計1980年代製セイコーのトレニューと言うブランドのモノで

自分的には珍しく電池式クオーツだから電池切れで放置したまま・・・

 

お洒落に不可欠な機械仕掛けの手巻きと

自動巻きのリストウォッチは

新旧30機位がメンテナンスされ

手元で稼働しているので

コイツの出番が全く回って来ない訳。

でも思い出の時計だから電池交換して息吹を吹き込まないと

折角プレゼントしてくれたワイフに対して申し訳ない。

アイキャッチ画像のラペルドベストの

フロント釦ホール間に設けられた

縦のホール・・・

それぞ正しく懐中時計用チェーンを通し

エレガントに時計をあしらう為の仕掛け。

これはボタン用ではない。

クラシックなオッドベストには

名残として必ずこのホールが設けてある。

リストウォッチが普及する以前の産物だが

懐中時計のチェーンを通して飾ったりする事や

そもそも懐中時計本体をメンテナンスして保有する事も

余程お好きじゃないと面倒臭いから出来ないだろうね。

お洒落は面倒臭い事が面白くなってこないと無理だから。

優雅に時間が流れていく世の中じゃなくなっているからな。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ReSARTOとは
サービス内容
店舗一覧
アクセス
電話問い合わせ
ネット予約
LINE問い合わせ
オーダー
コーティング